Tottori International Business Center
とっとり国際ビジネスセンター

とっとり国際ビジネスセンター
概要



トップページ > 貿易相談 > よくあるお問合せ Q&A > Q9.境港を利用して貿易を行う場合、どのような航路が利用できますか。

Q9.境港を利用して貿易を行う場合、どのような航路が利用できますか。

A.境港には中国(上海)、韓国(釜山)との定期コンテナ航路のほか、韓国(東海)及びロシア(ウラジオストク)を結ぶ定期国際フェリー航路が就航しています。

 ⇒ 境港の国際定期航路(振興会リンク)


  1. 定期コンテナ航路としては、上海を結ぶ「中国航路」が週1便、釜山と結ぶ「韓国航路」が週4便運航しています。
     輸入に関しては上海から最短3日、釜山から最短2日。輸出に関しては上海まで4日、釜山まで最短1日で到着します。
  2. 韓国(東海)及びロシア(ウラジオストク)を結ぶ環日本海圏国際フェリー航路が、週1便運航しており、韓国東海岸、ロシア極東を結ぶ国内唯一の定期貨客船として、輸出入とも東海まで14時間、ウラジオストクまで2日間で輸送が可能です。
  3. 同航路は、旅客と貨物の両方を運ぶフェリーのため、高い輸送品質により、コンテナ化が困難な車両や重量物、少量のバルク貨物などが定時制をもって輸送できる大きなメリットがあります。

◆詳細については、下記へお問合せください。

境港貿易振興会
電話:0859-47-3905 FAX:0859-39-3906


回答者:岩田